ホーム | 印刷用 | お問い合わせ
Hydric
    Power Systems
水素貯蔵・搬送・生成
技術開発
株式会社:ハイドリック・パワーシステムズ
Location :  ホーム What's New
     What's New
  当社は東京理科大学星研究室研究チームと協力関係にあります。また同チームの取り組みと当社の技術を融合させた、  プロジェクトの全体像は当社と連携関係にある(株)アースプロジェクトホームページでもわかりやすく紹介されて  いますのでこちらも合わせてご覧ください。  弊社はこれからもチーム連携を大切にし水素エネルギーの実用化に取り組んでまいります。 1.日時:2012年12月24日 場所:東京理科大学       東京理科大学星研究室研究チームはソジウムボロハイドライド(SBH)から水素を発生させ      発生した水素を燃料電池に供給しそこで得られた電気エネルギーによりモーターを回し自動車を実際に走行させる      ことに世界で初めて成功しました。      本研究には弊社のソジウムボロハイドライド(SBH)から水素を発生させる技術でもって星研究室研究チームに      参画いたしております。       詳しくは東京理科大学星研究室研究チームホームページ及び       「紛体NaBH4を水素源とした燃料電池電気自動車に関する研究」ページ でSBHを使った燃料電池電気自動車の全体像と実際の走行映像の様子が紹介されています。
東京理科大 メデイア発表01,22,2013)はこちらをご閲覧ください。  2.東京理科大学星研究室の燃料電池電気自動車が新聞報道されました。詳しくは下記記事をご参照ください。
 (1)2013年1月28日 日刊工業新聞     抜粋:燃料に水素化ホウ酸ナトリウム FCV試験走行成功        東京理科大学理工学部星伸一准教授らの研究チームは水素化ホウ酸ナトリウムを燃料として使用した        燃料電池車を開発し同大学野田キャンパス内で1km弱の試験走行を実施した。  (2)2013年1月30日 日経産業新聞     抜粋:「粉末水素」の燃料電池車 大規模な高圧タンク不要        東京理科大学星伸一准教授らは水素化ホウ酸ナトリウムと呼ぶ物質を燃料として使う燃料電池車を開発し        試験走行に成功した。        軽自動車にも適用しやすい技術として実用化を目指す。        エネルギー密度は圧縮水素の約5倍。理論上20kgで500〜700km走行が可能。        今後はこれを回収したり、水素化ホウ酸ナトリウムに戻す課程が課題。  (3)2013年3月23日 朝日新聞(夕刊)     抜粋:粉末で走る燃料電池車 高圧水素タンク不要        粉末で走る燃料電池車を東京理科大学星伸一准教授らの研究チームが開発した。        エネルギー量は高圧タンクの3倍以上で大規模な設備が不要。        反応させた後の粉末を効率よく再利用し燃料コストを下げることが課題。
2013年1月28日 日刊工業新聞日刊工業新聞 2013年1月30日 日経産業新聞
日経産業新聞
2013年3月23日 朝日新聞(夕刊)
朝日新聞 夕刊