ホーム | 印刷用 | お問い合わせ
Hydric
    Power Systems
水素貯蔵・搬送・生成
技術開発
株式会社:ハイドリック・パワーシステムズ
Location :  ホーム 水素循環利用システム 水の化学分解

 水の化学分解  ----->  図2 加水反応における水素増殖反応

  水素を水の電気分解で生成する場合に得られる水素エネルギーより大きな
 電気エネルギーを必要としますが,
 ボロハイドライドはほとんど付加エネルギーゼロで
 水素エネルギーを2倍に増大するスマートな水素貯蔵材となります。
図4

 この効果は巨大エネルギーの創成に結びつけられます。現在国内製油所では
 精製過程で不純物除去のため水素を大量に製造し消費しています。
 その設備能力の余剰水素量は
 燃料電池車500万台の需要をまかなうことができると公表されていますが,
 上述の水の2倍増殖機能を利用すれば1000万台の水素をまかなうことが
できることになります。
  しかも,その「水の化学分解」による水素は炭素ゼロの純水素
 ですので,天然ガス等の改質水素を貯蔵材の水素化に使用したケースでも,
 さらに炭素由来比率を半減し低炭素化にも大きく貢献します。
 低炭素エネルギーシステムを実現します。